フェイスブック利用者が気を付けるべきこと

出会いのきっかけは趣味や習い事、といった話を聞くことがありますが、自分も!と期待をして何かを始めたとしても、疲れてしまっただけで一つの恋も始まらなかった、という悲しい結果になるでしょう。

そもそも周囲は習い事をしたいのであって恋愛がしたい訳はありませんので、誘いをかけたところで迷惑がられてしまうでしょう。

純粋に出会いが欲しいなら、出会いに強いアプリやサイトへアクセスすることで、時間を有意義に使うことができます。

最近、出会い系サイトの中には、ポイント換金制を導入するところが出てきています。

これは、サイトのサービスを利用するたびにポイントがたまり、それをサイト内で使うことができたりする制度なのですが、こうしたサイトを利用するときは、「キャッシュバッカー」に注意すべきです。

実は、出会い系サイト利用者の中には、恋人探しを目的として出会い系サイトを利用しているわけではなく、サイトを利用することでたまるポイントを目的として出会い系サイトを利用する人のことをいいます。
キャッシュバッカーはサクラではない、ちゃんと登録した人ですし、疑いをもたれるような不自然な返信をするプログラムとももちろん違うため、一般利用者と見分けをつけるのは難しいことでしょう。メッセージのやりとりばかりが繰り返されて、出会いに至りそうにないと思われたら、できるだけ早く関係を絶って、ちゃんとした相手を探すほうがよいでしょう。出会い系サイトにはつきものと言っていいほど、犯罪やトラブルが多発する場所でもあります。

といっても、その多くは未成年の利用者の場合です。

成人男性が、もっとも巻き込まれることが多い犯罪というと、18歳未満と知りながら出会い系で知り合った相手とセックスしたことにより、トラブルとなる場合が多いようです。

女性はというと、警戒心を忘れて相手の車に乗ってしまい危ないところへ連れていかれるということが多発しているので、十分注意するようにしましょう。

ネットの出会い系で、異性との間合いをどうとっていいか戸惑う人もいることでしょう。
例えば、親密な関係になってきた時に、まだ実際に会うには早いと思うことがあります。逆に早く会いたいけれどスケジュールが合わない場合などは、スカイプを利用してみてください。

スカイプを使えばどんなに話しても通話料無料の上、何よりお互いの顔を見ながら会話できることが最大のメリットです。

ここでもし相手に悪意があれば、通話映像を録画されてしまうので、十分相手が信用できると判断できるまでは、カメラをオフ設定にするなど顔を出さない工夫をすることがポイントです。
出会い系ではニックネームを使うのが当たり前で、本名で登録する人はあまりいないと思います。でも、下の名前は本名だということは多いみたいです。

サイト上で何度もやり取りしているうちに親密さが増してくると、もっと仲良くなりたくなり、うっかり本名を名乗ってしまうことがありますが、思った以上に危険なことなので、よく考えて行動してください。

ここ数年で増えてきているのが、フェイスブックによる個人情報流出の問題です。プライバシー対策をしっかりしていないと、教えた本名から簡単に解ってしまい、プライベートな情報が流出する可能性が多いにあるのです。お世話になってるサイト>>>>>ピーシーマックスのウェブ版評価

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です