SNSのオフ会は危険

出会い系は、交際相手やあそび相手を探すという認識があるんですが、友人の数が少ない人が出会い系アプリで多くの人立ちと知り合うというひとつの選択肢ではないでしょうか。
交際相手だけでなく、同性の友人を探すという選択肢も視野に入れてみてはどうでしょうか。ネットだけの関係は、たとえ友人ができたとしても自然消滅しやすく、交際相手が見つかっても、友人を見つけることはできずに、その通り音信不通という事もよくあります。純粋に友人を捜したいという人は、出会い系の利用は辞めておきましょう。

滅多に無いことではありますが出会い系サイトで会った人がよく知っている友人の友人だったという話が実際にあったと聞きます。でも、お互いに照れてしまう程度の事でこの時点では取り分け重要な問題だとは考えられません。問題なのはプロフィール欄に顔写真を記載するタイプのサイトで不真面目な知り合いが登録していると自分が出会い系サイトを使っているのを周囲に言いふらしてしまう事があるんです。

その上、顔写真だけが勝手に他の悪事に利用される事もあるので住所などの個人情報と同様、簡単に公開するものではありません。

一般的に出会い系サイトでお互いに何度かメールのやりとりをしていると当然のように顔写真を交換する流れになります。
正式な結婚(人生の墓場なんていわれたりもしますが、実際にこんなはずじゃなかったと思うことも少なくないようです)相手の候補としてではなくちょっとしたあそび気分ならとりあえず見た目が一番という人も少なくないと思います。
全く別の人の顔写真を送ったとしても相手には分からないでしょうが、実際に会う段階では冗談で済まされない方が多く、不誠実な印象しか与えないでしょう。

実際に会ってその先の関係を築きたいと思える相手ならばありのままの姿を最初から見せるべきです。

そして心のどこかに相手が本人の物ではない顔写真を送ってきている危険性も忘れないでおきましょう。
ゲームやSNSのオフ会を恋人捜しの場として参加する人もいますが、主催者の意に反してしまうことも少なくなく、出会い目的での参加者は出会い厨といわれており、参加者立ちから好意的には思われないでしょう。本気で恋人を捜しているのであれば全員が同じ目的である出会い系サイトの方が話が早いでしょう。
相手の願望がわからないまま恋愛対象にするよりも同じ目的をもつ異性を当たる方が適切です。
出会いのきっかけになればと職場の同僚が、都合を合わせて合コンをセッティングしてくれたのですが、上手く会話ができたと思ったのですが、相手の連絡先は教えて貰えませんでした。
いい年して再アタックは恥ずかしいですし、今度の合コンで、こういう場は合わなくなっていたことを知りました。これからは出会い系サイトを利用するほうが手っ取り早沿うです。
お酒は良いものをじっくりと飲みたいタイプですから、今後は片意地張らなくて良いかと思うと嬉しい気分です。
管理人のお世話になってるサイト⇒確実に出会える出会い系サイト

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です